暮らし日記

シンプルに効率よく、心地良い毎日を。暮らしの記録です。

秋の楽しみ!柿とかぶのマリネ

すっかり秋らしい季候になってきました。

ずっと待っていたこの時期、、、

そう、「柿」の季節です!

 

柿って、ビタミンもたくさん入っているし、食べるとなんだか元気が出る食材のひとつです。

中でも「柿とかぶのマリネ」が大好きで、毎年この時期に作るのを楽しみにしています。

 

そして昨日、ついに柿をゲット。

念願叶って、今年度初の「柿とかぶのマリネ」を作りました。

f:id:ccoroc:20170925132802j:plain

 

作り方も簡単。

①お酢(穀物酢、ワインビネガーなど、お好みで)

②オイル(オリーブオイル、グレープシードオイルなど)

③砂糖(白砂糖、きび砂糖など、お手元にあるもので)

 

を、①1:②1:③0.5であえたマリネ液に、柿とかぶをあえ、最後に塩と粒コショウで味を整えておわり。

柿と大きめのかぶ、それぞれ1個に対してなら、だいたい大さじ1:大さじ1:小さじ1.5くらい。その時々で好みの濃さに調整しています。

彩りよくしたいときは、かぶの葉っぱを刻んだものや、ミントなんかを散らしても綺麗です。

私は、少し粒コショウ多めが好みです。甘みにアクセントが効いて、やみつきになります!

マリネなので、数日冷蔵で待ちますし、翌日にしんなりしているのもおいしいです。

 

やっと食べることができ、満足です♡

 

【メモ】

 保存容器に便利なiwakiのバック&レンジ。今回は800mlにちょうどおさまる量でした。

iwaki パック&レンジBOX 小 (グリーン) 800ml K3247N-G

iwaki パック&レンジBOX 小 (グリーン) 800ml K3247N-G

 

 今回はお酢にこちらの白ワインビネガーを使いました。

MAILLE 白ワインビネガー500ml

MAILLE 白ワインビネガー500ml

 

 お砂糖はこちらを使っています。柿の持っている甘さをかき消さないやさしい甘みです。

カップ印 きび砂糖 750g

カップ印 きび砂糖 750g

 

 オイルはこちらのグレープシードオイルを使いました。

 

 

秋らしい鈴バラを飾りました

秋らしさを部屋に取り入れたく、「鈴バラ」を飾りました。

横向きに飾りたくて、カーブしている枝を選びました。

f:id:ccoroc:20170919141146j:plain

 

お花屋さん曰く、鈴バラはこのままドライになっても風情があるので、かなり長い期間楽しめるそうです。

赤い部分は、いわゆるローズヒップの実。

ひと枝1000円くらいなので、お財布にもやさしいです。

 

こちらは、ソファに寝っころがった位置からの眺め。

f:id:ccoroc:20170919141642j:plain

一番くつろいでいるときに目に入る位置に季節を感じるって、なんだか良いです。

昨日の作り置き

昨日作った作り置きです。

ピーマンの肉詰めと、副菜類。

f:id:ccoroc:20170917172108j:plain

 

 

お肉の仕込みと、冷凍保存食も(下の写真)。

写真上は、夜ご飯のバターチキンカレーの仕込みと、鶏ハムの仕込み。

写真下は、ピーマンの肉詰めの種の余りに卵を加えて作ったハンバーグを、焼いてから冷凍保存。

f:id:ccoroc:20170917172240j:plain

 

あと、しめじを冷凍保存しました。

 

これで3日-4日くらいは、サラダとか汁物をちょこっと足すくらいで、他は献立考えずに済みそうです。

作り置きしておくと、毎日献立を考える選択疲れを減らせるところが◎です。

 

昨夜は漬けておいた鶏肉でバターチキンカレーを。

ついでに鶏ハムも茹でました。

バターチキンカレーは簡単で大好きなメニューのひとつ!おいしかったです♡

 

浴室乾燥と扇風機で洗濯物を乾かす

今年の夏は、お天気が不安定でした。

突然の雷雨もしょっちゅう。

なかなか外干ししたままお出かけすることが難しかったです。

 

浴室乾燥の問題

我が家には浴室乾燥があります。

せっかくなので上手く使おうと思ったのですが、なかなか乾かず…。

ネット情報あるように3時間くらいでは乾きません。

ちゃんと壁や床の水滴を吹いても、4時間タイマーをかけ、プラス1時間くらい放置して、やっと乾いたかな?という感じ。

けれど、あまり長くタイマーをかけると電気代も気になるし…

そこで、試しにプラスしてタイマー付きの扇風機を導入してみました。

 

浴室乾燥+扇風機の準備

浴室に扇風機を置くにあたり、もちろん床の水分を拭いてから置きました。感電防止です!

・浴室乾燥は、2時間にセット。

・扇風機は、タイマーを4時間にして首振りにセット。

 

干したものは、二人分、1日分の洗濯物

(日中着ていたもの、部屋着、下着類など)

バスタオル、ジーパンなど、厚手のものも混ぜました。

 

それでは、経過をレポートします。

 

2時間後(浴室乾燥が停止)

薄手のものは完璧に乾いていました。

が、厚手のものもがもう一歩

バスタオルは、下のほうがわずかに乾いていないような気がしました。

ジーパンは、下のほうやウエスト周りなど、厚手部分がまだ湿っています。 

 

ここからは、浴室乾燥の余熱に頼りつつ。

扇風機を、首振りを止めジーパン&バスタオルをめがけて回しました。

 

2時間半後(計4時間経過)

全部乾いてる!!!カラカラです。

ちょっと感動でした。

 

まとめ

扇風機の導入により、浴室乾燥の時間はこれまでの半分(4時間→2時間)で済みました。

浴室乾燥を4時間かけると、電気代が130~140円ほとかかると言われているので、半分に短縮できればだいぶ節約になりそうです。

それにしても、風の力って偉大だなあ~。

扇風機・様様です。

 

 

 

 

お家で水出しアイスコーヒーの作り方

秋の入り口がやってきましたが、昼間はまだ蒸し暑さが残っています。

まだまだアイスコーヒーが恋しいです。

そんな折、朝ごはんと共に、お家で作った水出しコーヒーを飲むのにハマっています。

 

f:id:ccoroc:20170915130236j:plain

 

本当は、記事の一番下にあるような、水出しアイスコーヒー専用のストレージがほしいのですが…

冬の間は使わなくなるし、ブームが去った時のことを考え。

物を増やさないよう、手持ちの道具で作っています。

 

【材料】

・コーヒー豆(ドリップ用に挽いたもの)60g

・水600cc

・お茶出しパックLサイズ(大きめものもの)

・ガラス容器

 

コーヒー豆ドリップ用のスプーン1杯(約10g)に対し、水100ccと考え、私はいつも600cc分を作っています。 

コーヒー豆が水を吸い込むので、これで大体400cc-500cc分くらいのコーヒーができます。

コーヒー豆によると思いますが、今私が使っている豆は結構濃いめにできるので、牛乳で割っても薄まらずに苦味を楽しめます。

 

コーヒー豆をパックに詰めるときのコツ

コーヒー豆をお茶出しパックに入れるときは、水の中で豆が漏れ出さないように注意して、丁寧に入れています。

・写真のLサイズのパックに計量スプーン3杯分を入れてると、ちょうどパック半分くらいの量になります。

f:id:ccoroc:20170915101953j:plain

・これを2パック用意します。

・コーヒー豆をパックに入れる量は半分以下に留めます。

・パックをひっくり返して蓋をする際は、周りについたコーヒー豆をなるべく落とし、丁寧に蓋部分を入れ込みます。 

・コーヒー豆を入れたパックは、蓋部分を上にして、容器に縦に詰めるようにいれます。

f:id:ccoroc:20170915102127j:plain

 

f:id:ccoroc:20170915102249j:plain

 

・容器にパックを入れたら、お水をそっと注ぐようにします。

f:id:ccoroc:20170915102213j:plain

 

出来上がり

これで、4時間以上置いておくと出来上がりです!

夜仕込んでおくと、朝ちょうど良い感じに仕上がっています。(8時間くらい経過?)

私は、そのタイミングでコーヒーパックをコーヒーから取り出します。

休日なんかも、朝作れば、昼食後のコーヒーブレイクにちょうど間に合います。

 

f:id:ccoroc:20170915125843j:plain

 

まとめ

結構コーヒー豆の量を使うので、どのくらい節約になってるかわかりませんが、お手頃価格の豆を使えば一杯100円もかからないかな?

あと、自分で作ると好みの濃さに調整できるところも良いです。

そして何より、初期投資が少ないと、飽きたら気兼ねなくやめられる!

ちょっと手間はかかりますが、夜に儀式のようにほくそ笑んで仕込み(笑)、朝の楽しみを作るという意味でも良いです。

 

私が使っているコーヒ豆はこちらです。↓

 

お茶出しパックは、Lサイズなど大きめのものがおすすめです。↓

ゼンミ お茶だしパックLサイズ 無漂白タイプ32枚入

ゼンミ お茶だしパックLサイズ 無漂白タイプ32枚入

 

 

こちらは、憧れの水出しコーヒーポット(笑)。↓

ハリオ 水出し珈琲ポットミニ 5人用 600ml MCP-7B

ハリオ 水出し珈琲ポットミニ 5人用 600ml MCP-7B

 

 

 

 

 

3000円投資生活をはじめました

先月から、3000円投資生活をはじめました。

↓こちらの本に刺激を受けて。

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活

 

 

横山光昭さんの本は、内容が簡潔でわかりやすいので好きです。

口座開設の手続き

私は、楽天証券で口座を開設し、本にあるオススメの投資信託を積み立て設定しました。
楽天証券は、楽天銀行楽天ポイントとの連携がスムーズです。
申し込んで開設までに数日かかりましたが、手続きは簡単でした。
 
本の教えに忠実に。
口座は、「特定口座」「源泉徴収なし」に設定。
購入した銘柄は、「世界経済インデックスファンド」。
月3000円の積み立てです。

感想

今回はじめた投資の目的は、長期の資産運用をするためですが。
初めての投資信託なので、なんだか気になって、毎日資産状況をチェックしてしまいます(笑)。
結構毎日、変動があるだなぁーと。
それだけちょっとドキドキワクワク。
 
しかし。
あまり期待しすぎると余計な欲が出て失敗してしまいそうなので。
とにかく、1年間は他の銘柄に浮気をせず「月に3000円」。
勉強のために、と思って、地道に積み立ててゆきたいと思います。
 

手作りマフィンの材料費を計算してみました

 

ブルーベリーマフィンを作りました。

外はカリッと、中はふわっと、想定以上に美味しくできました◎

 

f:id:ccoroc:20170827152450j:plain

 

手作りお菓子のメリット・デメリット

手作りのお菓子は、自分で材料を選べるため、より安心して食べることができます。

また、出来たての美味しさを味わえるのも魅力。

しかし、ついたくさん作って食べすぎてしまう、というデメリットも(笑)

また「材料費や光熱費がかかるから、結局高くつく」とも耳にします。

そこで、今回作ったブルーベリーマフィンにかかった材料費&電気代をざっくりと計算してみました!

 

ブルーベリーマフィン(6個)にかかった材料費&電気代

[材料費]

・小麦粉80g=20円(250円/1kg)

・ベーキングパウダー(アルミ抜き)3g=12円(120円/30g)

・きび砂糖40g=20円(350円/750g)

・マーガリン50g=35円(200円/300円)

・牛乳40cc=8円(200円/1L)

・卵1個=20円(200円/10個)

・冷凍ブルーベリー60g=100円(200円/120g)

小計215円

[電気代]

オーブン40分(余熱15分、焼き時間25分)=24円(0.66h × 1.4kW/h × 25.91円/kW/h)

[合計]

6個あたり239円(215円+24円)

1個あたり約40円

[注意]

※底値の計算ではありません。ちょっと平均の値段より高いかもしれません。あくまで概算です。

 

まとめ

お店でマフィンを買うよりは安く済んでいたようです。

購入するよりも高くなるのかな?と思って調べてみたので、個人的には意外な結果でした!

これくらいの値段なら安心だし、そして何より簡単で美味しかったので、これからも作ってみようと思いました。

また、費用は材料選びで前後しそうです。

例えば…

 

・激安スーパーで材料を揃えばもっと安く済みそうです。

・きび砂糖が上白糖なら少しお安くなります。

・マーガリンがバターなら少し高くなります。

・ベーキングパウダーももっとお手頃なものもあります。

・ブルーベリーを抜いたプレーンのマフィンならさらにお手頃価格に。

 

…などなど。

プラスして、初期投資として道具を揃えるのにもお金がかかるかもしれません。

作れば作るほど減価償却できるので、飽きてしまうのが早そうなら高くつきます。

色々こだわると高くつきますが、お財布とにらめっこしつつ、安心・安全・美味しさを得る値段と思えるかどうかですよね。

私はひとまず、自分のマフィンの原価を知ることができ、安心しました(笑)。

 

 私が使っているマフィン型&紙カップです。

 

耐熱 レンジケース 9号 250枚 耐熱 耐油 お弁当カップ おかずカップ

耐熱 レンジケース 9号 250枚 耐熱 耐油 お弁当カップ おかずカップ